スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポピ

物心付いた時は、動物が嫌いだった。嫌いというよりは怖かった。
多分、母の影響。
母は実家で犬も猫もいたらしいのに、大の動物嫌い。
動物好きだった父は、なんとしても犬を飼いたかったらしい。
まずは私の改造から着手。
文鳥の雛から飼い始め、少しずつ動物に慣らそう作戦。
鳥に慣れた頃、すかさず「犬」と思ったらしい。
いきさつは知らないが、保健所で生まれた雑種の子犬を貰って来た。
女の子で名前はポピ。
母の実家の犬が代々ポピだったらしく、そのまま引き継ぐ。
今はうろ覚えで、写真もわずかしかない。
ただ、根っからの雑種です!って主張したような犬だった。
ぽっちゃりした体に白を主体に、グレーや黒や茶色のブチ。

家に来て1週間目くらい、向かいの家の友達が犬を見たいと言った。
まだまだ怖くて触れなかったくせに、無理して抱っこして友達の家まで行った。
コンクリートのガレージの中で、みんなに見せていた。
突然ポピが腕の中で身をよじった。
怖かった私は手を離した。
結果、ポピはコンクリートの上に落下。
ポピが私の腕から地面に落ちていくシーンだけ、なぜか今でも思い出せる。
それ以外、ポピの記憶はない。
頭から落ちたポピは、次の日の朝方に死んでしまった。
獣医さんに往診も来てもらったそうだが、朝方息を引き取ったらしい。
私が寝てからのことだったので、全く知らない間にポピは埋められていた。

私が3歳か4歳の頃の、最初の飼い犬との話。
私の犬になって、1週間ほどの命だったポピ。
こんな事なら、保健所にいたままのほうが、最期まで母犬や兄弟達と
一緒に居られたかもしれない。
もしかしたら、他にもっと良い縁があったかもしれない。

居なくなって、ポピが怖かったくせに泣いた記憶がある。
多分、少し犬というものが好きになりかけていたのだと思う。
私の犬との最初の生活は、かなり痛い体験となった。

ポピから始まった犬生活。
途切れることなく今に繋がっている。
今は犬が居ない生活なんて考えられない。
私より犬嫌いだった母も同じ。
人って変われるな。
これからもポピの事は忘れず、良い様に変わっていきたい。

隨鷹。費シ狙convert_20091120155518



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ポピ!なんて可愛い響き!
アイラの姉さん、辛い経験されたのね・・・。
でもね、ちょっとでもアイラの姉さんの家族になれて幸せだったと思うよ。
ワンコは人を恨むことはないの。
保健所の最後の部屋(ガス室)じゃなくて
みんなに看取られて亡くなったのよね。
アイラちゃんが愛情いっぱい注がれているのは
そういう過去があったからってのもあるのね。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン。人って変われる!
それに、ポピちゃんもアイラちゃんもとっても幸せだよ!

No title

私も物心ついたときから犬との生活でした。
つらい経験もいっぱいしたよ!
でも学んだこともいっぱいありました。
人は色々な経験をして変われるんだよ~
これからはポピちゃんお分もいっぱいあいらちゃん可愛がってあげてね!

誇りに思ってくれてるのでは

愛される事無く保健所からでは可愛そう・・・一週間でも1日でも愛された
ポピちゃんは幸せだったと思います。きっと虹の橋にアイラの姉さんが辿り着いた時、これでもかっって位 尻尾フリフリで走って来ると思います。今迄
愛したわんこ達みんなと共に。きっとアイラの姉さんや家族が途切れる事無くわんこ生活を送ってるのを見てポピちゃんは自分が愛されてた事を感じ又
誇りに思ってくれてるのでは・・・そう考えないとポピちゃん可哀想ですよ。
アイラちゃんは何代めのポピちゃんになるのでしょうか・・・
今日のアイラちゃん 最高に可愛いです。いままでで一番!

No title

ポピちゃん、愛されていたのだから幸せな時間を過ごしていたと思いますよ。
お友達に見せてあげようとしたアイラの姉さんも偉いと思います。
辛い経験があって解ることって結構多いですよね。
きっとアイラの姉さんが犬を好きになったキッカケが自分だと思うと、ポピちゃんも嬉しいって思ってると思いますよ。
アイラちゃんとの巡りあわせもポピちゃんからの計らいかも。
アイラちゃんの写真、とても素敵~♪
額に入れて飾っても良さそうですね。

No title

いろんな出会いがあり別れがあり…そして今アイラちゃんが家族としているのですね。
犬との最初の出会いは悲しい思い出になっているかも知れないけど
ボビちゃんがアイラ姉さんを犬好きに♪
3,4歳の頃の事をこうして今も覚えていてお話してくれて
きっとボビちゃんも愛されて幸せに思っていることでしょうね(*^_^*)

今ではわんこ大好き人間になった我が家のパパさんも
子どもの頃犬に噛まれてからずっと犬嫌いだったらしいですが~
本当に人って変わるものですね!!
なぜか私よりどのわんこにも好かれるように(^_^;)
母も義母も苦手だったんですけどね~みんな私の動物好きに巻き込まれ?違うかな~
ラーまあちゃんの可愛さに変わったのでしょうね(^_-)-☆

このアイラちゃんの表情も杏に似てます~♪

りあんママ様

有難うございます。
ポピのこと、最後に覚えているのが落としてしまったときのポピの顔で、
辛い思い出しかなかったんですけど、こうやって文章にしてみて
ちょっと気持ちの整理が出来たというか、ポピが私の犬好きのきっかけ
だったんだと思えるようになりました。
うちの家族になって幸せだったのか、自信も持てずにいたのですが
りあんママ様のお言葉で、気持ちが癒されました。
ほんとに有難うございます。
アイラや、今回りに居るワンコ達に、ポピにあげたかった物を
あげていきたいって思います。

めぐたん様

めぐたん様も、辛い経験された事あるんですね。
動物から教えてもらう事が多いなって思います。
せっかく学んだこと、次へ次へと生かしていきたいです。
今までと同じ失敗を、アイラで繰り返さないことを改めて誓いました!

JINパパ様

ポピ、幸せを少しでも感じで逝ってくれたんでしょうか。。。
今でも最後の顔を思い出すと涙が出てきます。
虹の橋に辿り着いたとき、待っててくれると嬉しいな。
もし会えたら、その時は怖がらずに、ポピを一杯抱きしめてあげたいです。
アイラは我が家で5代目ワンコとなります。
ポピも女の子だったんですけど、たった1週間ほどの命だったので、
実質アイラは女の子としては初めての犬みたいなものです。
ポピ、天国でCOCOちゃんと遊んでくれてると良いなって思います。
JINパパ様のお言葉、嬉しかったです。
有難うございます。

じゅんちゃん様

お言葉、有難うございます。
ポピ、幸せを少しでも感じてくれたんであれば良いんですけど。
ポピが来て、怖かったけど嬉しくて、友達に見せたかったんです。
なのに、落としてしまいました。
後悔してもし切れません。
今なら絶対落とさないのに。。なんて思っても、後の祭りなんですよね。
アイラに会わせてくれたのがポピだと思って、ポピにしてあげられなかった事、
アイラにしてあげたいと思います。
アイラの写真、実はお風呂上りで乾燥中なんですよ(笑)。

ラーまあママ様

ポピとの辛かった思い出を日記に書いてみて、改めて自分への戒めと
ポピの事、怖かったけど好きだったなって思いました。
ポピにごめんね、っていう気持ちも一杯あって、ちょっと懺悔みたいな
日記になってしまい、ラーまあママ様をはじめ、皆様に慰めて頂いて
しまいました。
でも、優しいお言葉頂いて、ちょっと気持ちが安らぎました。
旦那様、犬怖かったんですね!
あんなに3姉妹から好かれているのにっ。
ちょっとびっくりです。
動物って、人の心を変えますよね。
私も、ポピのお陰で今の私が居るって思います。
ほんとにお言葉有難うございます。

私も、杏ちゃんのお写真を見せて頂いて、「あ、同じ顔してる」って
思うときあります(笑)。
やっぱり似てますよね♪

No title

皆様同様に、ポピちゃんは幸せだった思いますi-189
望まれて姉さんちの子になったんだもの!

ポピちゃんから始まった大切なバトン、ずっと繋がって~今はアイラちゃんが。
その姿をポピちゃんもお空から見てて喜んでいるはず☆
ポピちゃんが姉さんちの子であってくれて、良かったねv-353

kazoo様

有難うございます。
その時、子犬は5匹以上いたようで、確かにその中からポピが
我が家に来たのは、縁があったのだと思います。
でもその縁を、私は長く繋いであげられなかったので、
ほんとに申し訳ない気持ちで一杯なんです。
kazoo様が言って下さった様に、ポピが我が家の子になってくれて
本当に良かったと思います。
ポピに犬好きにしてもらったようなものですから。
アイラに続くバトン、大切にしていきたいと思います!
プロフィール

アイラの姉

Author:アイラの姉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。