スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の間に

7月4日。
今日はジャスト6時・・・過ぎに到着。
レッスンレッスン。
先生が作ってくださったコースが難しくて。
「夏の間に色んな事に挑戦して自信つけましょう!」って。
競技会のシーズンには出来ないことにチャレンジ~。

まずは自分の検分で。
いきなり直トンで嫌な予感がしたら~。
やっぱり間に合わず。
しかもその後のバーまで結構な距離があるし。
スラの後のバーもオーバー祭り。
オーバー、オーバーって2本続くもんだから
オーバー初心者の私は無駄に急いじゃって
1本目が疎かに(涙)。
アイラ、跳んでないし。。。
最後のトンネルもちょびっとコース忘れ(爆)。
あれ?って小さな声出したつもりが、アイラが
出てきちゃって。
あかんね、しっかり覚えて走らないと(-_-;)。



2走目。
なんだかバタバタしてるけどなんとか走れたって感じで。



レイ太のママとは同じところで躓いてて。
先生から部分部分で習います。
直トン前のバーをフロントで跳ばせていたけど
ここはリアもどきで跳ばすんだそう。
犬を先行させるために同時スタートくらいで
1本目2本目のバーから調整して、3本目のバーに
犬が先に行くように。
3本目バーの赤い部分に肩をぶつけるようにして
「ホップ」で犬だけ跳ばせる。
ハウスの指示を出してダーッシュ。
トンネルの後のバーを背中にしょって犬を呼ぶ。
この時ウイングからちょっと出るくらいの立ち位置。
入りすぎても出すぎてもダメ。
最初犬を呼びたくて正面で「アイラ~」って呼んだら
逆跳びされちゃって。
実際先生にバーのところに立って頂いて、私がトンネルの
出口にしゃがんで見てみたら・・・・正面で呼ばれると
バーからトンネル入り口がスパッと見えちゃって。
こりゃ逆跳びしてまうわって感じ。
バーを背中にしょって立って頂くと、あら不思議、先生の
手元しか目に入らない。
これだとちゃんと犬を呼び込んでバーを跳ばせられる。
ううーん、人が思うのと犬の目線は全然違うわ。



直トンの後のバーをうまく跳ばせたら、フロントで取って
2歩下がってハウスに放り込む。
この時、何歩どの方向に下がるのかは検分の時に
しっかり確かめておくこと。
なるほど、上級の人が全然障害物を見ないで下がったり
指示を出せるのは検分の時に覚えてるからか!
・・・一か所くらいならなんとか覚えられても、コース全てって
絶対無理~^_^;。



スラの後のバーの処理。
オーバーは前のバーと線を引いて、ちょうど真ん中辺りから
オーバーって指示を出すように。
ついついオーバーで跳んでほしいバーの真横や直前で
「オーバー」って指示を出しがちだったけど。
もっと早め早めの対応で。
習ったことなんとかかんとか取り入れて走れたかなぁ~。


8時からのプードルさんクラスに服従でお邪魔して。
相変わらず出来ないスキップ(涙)。

この日は夕方からりっかちゃんに誘ってもらって
ビッグドッグの練習会にお邪魔する予定だったけど
あまりの雨の降りっぷりにキャンセル。
暇になってアイラとグダグダしてました。
あまりのアイラの毛の抜けっぷりにちょこっと櫛を入れてみたら・・・
柴犬みたいにごそっと固まりで抜けた~。
こんなこと初めてっ。
よくよくかき分けて見てみたら、そこかしこに毛玉が~(@_@)。
必死になってブラシしました。
そういえば、6月にしっかり毛を抜いてくださいって、その昔
ブリーダーさんに教わったような・・・。
いかんいかん、アイラも暑かったよね。
ごめんね!
お詫びに明日は洗濯だっ(^.^)。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:アイラの姉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。