スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慌てて練習

2月24日。
免許更新の為有休取得~。
大阪は地元警察署で講習を受ければ後日郵送で免許証を送って貰えます。
窓口の婦警さんと世間話に花が咲き14時半くらいに散歩に出発。
とーっても暖かい日でした。
001_convert_20120226002242.jpg


カモさん公園で「持って来~い」の練習。
最近時間が無いからとかなりさぼっていた練習。
26日にJCCの練習会があるので一夜漬け~(笑)。
002_convert_20120226002440.jpg


なんだか落ち着きのない「持って来い」。
そんなはっちゃけないで良いから落ち着いてダンベルを咥えて貰いたいっ。
楽しそうなのは良いけどハグハグとダンベル落としそうやしっ。



とりあえず「ついて」と「持って来い」の練習が終わったので
斜面の公園へ移動準備。
荷造り(?)の間ベンチで待っててもらいます。
004_convert_20120226002452.jpg


斜面の公園ではボール投げ。
005_convert_20120226002524.jpg


公園近くの家が改築中。
聞きなれない音に反応中のアイラ。
006_convert_20120226002538.jpg


ついでにカラスのギャラリーも(^_^;)。
007_convert_20120226002549.jpg


土曜日は雨らしく、そういえば生温かい風が出てきた。
009_convert_20120226002601.jpg


明日雨かなぁと何気に見ていたアイラの立ち姿。
風が吹くとなびく腹毛。
普通シェルティって風になびくんは胸毛なんじゃ・・・。
風にそよそよなびく腹毛をご覧ください(-_-;)。



正面から見ても貧相な胸毛にボンバーな腹毛にたわわな足毛。
逆にしてもらえんやろか、アイラさんや。
010_convert_20120226002612.jpg


そよぐ腹毛の残像を目に焼き付けつつマルマル公園へ。
入り口で出会った11歳のジョン君。
アレルギーで皮膚がボロボロらしい。
これでも随分ましになったそうだ。
獣医さんを変えて違う治療を始めたら良くなったらしい。
セカンドオピニオンを聞きに行く勇気は必要だなぁと感じた。
011_convert_20120226002624.jpg


空夏ちゃんにも会えました。
パパ様大好き空夏ちゃん。
アイラがちょっとでもパパ様に近寄ったらワンワン焼きもち。
自分のリードを咥えて引っ張って行っちゃいます(笑)。
012_convert_20120226002637.jpg


マルマル公園では法面でボール投げ。
013_convert_20120226002713.jpg


平日の夕方の公園は子供で一杯。
いつもは独占の法面も子供たちが鬼ごっこに使います。
014_convert_20120226002726.jpg


アイラの後ろをバタバタ~っと男の子や女の子が駆け抜けていっても大丈夫。
最近はガウガウ行く事が無くなりました@ボール投げの時だけ。
回りが気にならないくらいボールに集中してるから~。
その集中力を他に活かせんかなぁ~。
015_convert_20120226002738.jpg


男女別に鬼ごっこをしてるらしく5年生の女の子達が5~6人で鬼ごっこ。
途中、アイラを見て「可愛い~」と寄って来てボール投げをしてくれました。
アイラ、最近「可愛い」って言われる事が増えました。
表情が変わったのかなぁ!?
飼い主にも謎(笑)。
016_convert_20120226002752.jpg


この広い公園、鬼になった子はなかなか大変そう(笑)。
その内みんなでルールが決まって行きます。
「途中犬と遊んだらあかん」「公園の外に出たらあかん」等々。
子供の頃鬼ごっこしてて、どんどん途中でオリジナルのルールが
増えて行った事を思い出した。
子供の頃から仕切りタイプ、ついて行くタイプ、色々な子が居てたなぁって。
そのルールにより遊んで貰えなくなったアイラ。
仕方ないのでまた私とボール投げ。
017_convert_20120226002809.jpg


斜面で遊んでいたら超久々フクちゃんのおっちゃんと会えました!
去年の夏に白血病を突然発病。
2ヶ月の入院の後、再発も無く現在に至られているようです。
8kgも落ちた体重はなかなか元に戻らないそうですが、血小板の数値は
一番悪い時の3万から7万に戻ってるそう。
普通は22万くらいだそうなのでまだまだ半分らしいですが。
食事も生野菜、生肉など菌がついてそうなものは口には入れちゃいけないそうだ。
薬のせいで菌に弱い体質になっているのでしばらくは火の通った物に限定。
018_convert_20120226002831.jpg


今年還暦を迎えられるとお聞きしてびっくりするくらいお若い見かけ。
「落ちた筋肉が戻りませんわ」なんて言っておられたけど、毎日のワンコとの
散歩は欠かさず行かれてるらしい。
暖かくなる頃にはすっかり体型も元に戻られてそうだ。
退院後は力が無いからと元気なフクちゃんは奥様が連れられてたけど
今日はちゃんとパパさんがリード持ってましたし。
019_convert_20120226002851.jpg


おっとりコロちゃんはママさんが。
コロちゃん、少し痩せていました。
食べる量は変わらないそうですがパパ様が心配だったのかな?
020_convert_20120226002903.jpg


フクちゃんのおっちゃんはいつもおやつをたくさん持っていて
お散歩で会う子で飼い主さんのOKの出た子にはおやつを一杯くれます。
みんなちゃんと覚えていてフクちゃんのおっちゃんを見かけたら一目散(笑)。
最初は怖くておやつなんて貰う事も出来なかったアイラですが、今では
おっちゃんの言う事なら何でも聞きます。
今日は斜面の真ん中で「お座り~」。
021_convert_20120226002917.jpg


パピヨンのマロン君登場。
耳の折れたタイプのハピヨンらしくて珍しい~。
022_convert_20120226002930.jpg


マロン君がおやつを貰うのに便乗してがっつり貰うアイラ。
こういう時は何も言わないで一杯頂く事にしています。
人馴れ、犬馴れの勉強中。
023_convert_20120226002943.jpg


フクちゃんとお別れしてジャングルジムの公園へ。
いつものようにマーキングしっしを済ませて公園を出ると
コーギーのそらちゃん、10歳。
024_convert_20120226002956.jpg


初めて(?)見る小さ目で細いコーギー。
私の知るコーギーってでかくて太目ちゃんが多い気がする。
025_convert_20120226003009.jpg


家に帰りついたのは17時過ぎ。
そこでハタと気がついた。
しまった、ハードルの練習をぜんっぜんやってない~(>_<)。
慌ててハードル持ち出して一番近い公園へダッシュ。
ハードルをセットしてたら小学生くらいの女の子達が「何やってんの?」と
わらわら寄って来た。
丁度良いわとアイラの気が散らない練習に見ていて貰う事に。
と思ったら、そこになぜか職人登場。
遅くなったら危ないとチカチカライトを持って来た(^_^;)。
子供たちより何よりアイラの気が散る人がやって来て私的には・・・(-"-)。

来ちゃった以上仕方ない。
とりあえずカメラマンでもやって貰うかと思ったら~。
アイラ、やはり職人にご挨拶。
まぁ、戻って来たから良しとしよう。



ハードルの高さは板1枚。
15cm。
前回は板3枚(15+15+12cm=42cm)で張り切って練習をした。
・・・前回の練習会の翌日たった一回だけど(^^ゞ。
その動画を載せるなりJCCの先生役のWさんからお電話が。
「あんな長い時間、高い板で練習させたらだめ!しかも無理な角度で
跳ばせたりして足腰痛める原因になりかねないからやめなさい!」と。
練習には板1枚で十分らしい。
それなら少し長い時間やっても大丈夫。
足腰痛めるなんて欠片も思わなかったので正直びっくり。
こういう事も先輩の経験に基づく注意なのでとっても有難い。



板を跳ばせる指示。
前回はとりあえず跳ぶんだからアジリティと一緒で「ホップ」でいっか~
なんて安直な考えの元、なんでもかんでも「ホップ~」って言っていた。
別の訓練をされてる方から「アジは逆跳びは失格になるから指示の言葉は
変えた方が良いですよ」と。
な、なるほど!
そんなとこまで考え及ばすお気楽になんでも「ホップ~」ですませていた私。
そこで今回「跳べ」に変えてみた。
JCCはぜーんぶ日本語で指示出してるので「ジャンプ」でもいいかと思ったけど
ここは几帳面な私、日本語で統一することにした(笑)。

そしてお二人に共通に注意をされた事。
練習が終わった後、ハードルを遊び感覚で使っていた。
そんな中、ハードルの横は絶対に走り抜けさせない方が良い、と。
そういえば練習中もアイラがハードル跳ばずに横を走り抜けて戻ってきたりしても
それを叱るでもなく許していたなと思い出す。
実際、試験の時にハードルの横をダンベル咥えて戻って来ちゃって不合格になられたらしい。
そういう先輩のご意見を頂ける私はとても幸せ。
自分で苦労せず、こんな大切なコツやポイントを教わる事が出来るんだから。
なんて恵まれた環境に居るんだろうと感謝で一杯。

これらの貴重なアドバイスを踏まえてしてみたレッスン。
おあつらえ向きに最後には子供達が真横のアスレチック遊具で金具をギィギシ言わせ
目の前には散歩のワンコまで登場(^^ゞ。
そんな中、アイラとしてはぎりぎり頑張ってくれた。
これ以上はせっかく出来た事が崩れ出しちゃいそうなので、本日はこれにて終了。



職人と帰る道すがら「ふ」と思った事。
確かにハードルを使った練習は今まで(たった(^^ゞ)2回。
全て「ホップ」って指示で跳ばせていた。
今日何の前触れもなく「跳べ」と言ったらアイラはなんの迷いも疑問も見せず
跳んでダンベル持ち帰って来た。
・・・ちょっと待て。
普通指示を言葉として理解してたら、突然言われた「跳べ」には何をしていいか
迷ったり拒否したりするもんじゃないのか??
ということはアイラはハードルを置かれてダンベル投げられたら、跳んで咥えて
もう一度跳んで戻ってくる、と形で理解してるんじゃないだろうか。
それって訓練としてはどうなん!?
指示を「跳べ」に変えた意味ないんじゃ(涙)。
算数でも文章問題は苦手、でも展開図は得意ってタイプなんじゃないだろか。
理解じゃなく直感で訓練やってんじゃなかろうなって不安が今更ながら
湧きあがって来たぞ。
これはもう少し注意深くアイラの事見ておかないと、とんでもないとこで
とんでもないしっぺ返しくらいそう~。
029_convert_20120226003023.jpg

今更とんでもなく基本的なところで不安を持ちだした私(^_^;)。
アイラとやって来た事、もしかして理解してやってたんじゃなく適当に勘だけで
やってたんじゃなかろうな~!!!
ちょっとトホホな気分だけれど、回りには頼りになる先生や先輩方が一杯いる。
アイラの行動を一緒に見守って頂けるからとっても心強い←かなり他力本願(^^ゞ。

そこで思い出した大阪の小学校事情。
テニススクールにはたくさん公立の小学校の先生が来ている。
同じクラスにも練習仲間にもたくさんいる。
その中の一人の女性にまだ臨時教師の若い彼氏が出来た。
ここ何年か教員採用試験を落ちてるらしい。
が、今年は大阪は受けないと。
なぜなら橋下市長になって「厳しく」なりそうだから。
しんどいのは嫌だから兵庫県や奈良、京都の試験を受けるらしい。
今年はこんな受験生が多数いるそうだ。
その彼女自身、今更土曜日仕事なんて言われても絶対反対!だそうだ。
春、夏、冬休みを減らされるのも嫌だと。
公立の先生は長い休みは丸々休みのようで、実際海外旅行に行きまくりの人が多い。
学校の先生って、なりたいから、子供が好きだから、とか情熱を持ってなる人が
ほとんどだと思っていたので、子供がいない私でも結構ショックだった現実。
こんな気持ちで教師やってる人が大半なら大阪の子供の学力が低くても当然だわ。
こんな人たちに指導されてる子供はもっと可哀想。
中には頑張ってる先生もいるんだろうけど、私の周りにはなぜかこんな先生ばかり^_^;。
子供が居なくて良かったと正直思った。
もし子供が居ても不安で公立の学校なんかにはやれないなとか。
大阪の子供に比べたらアイラはとっても幸せ。
動画を載せただけで気をつけなきゃいけない事、体の事、教え方、すぐに教えてもらえる。
本当にアイラを応援して下さってるから。
つくづく私とアイラは幸せだと感じている今日この頃。
先生や先輩って本当に大切な存在なんだと、人間の先生たちも分かってくれたら良いな。
私みたいな生徒にとったら先生や先輩が全てなんだから。
今じゃすっかり大阪の子だけど、アイラは先生にも先輩にも恵まれてます!


スポンサーサイト
プロフィール

アイラの姉

Author:アイラの姉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。